インプラントに強い歯医者なら永山歯科医院|西田辺駅徒歩5分

   
診療案内
MEDICAL GUIDE

予防治療

虫歯や歯周病にかかってからではなく、かからないようにケアを
歯を毎日一生懸命磨いているのに、虫歯ができてしまう、歯周病が治らない、という方はいらっしゃいませんか?そして、悪くなった時だけ歯医者へ行く、という方も多いのでは?実際に、このような方はとても多くいらっしゃいます。
ですが、「歯が悪くなったら歯医者へ行く」、これを繰り返していると歯はどんどん悪くなってしまうことをご存知ですか?

虫歯や歯周病は悪くなってからでは元どおりに治せません

女性

歯医者は歯にトラブルが起こった時に治すところ、というのは決して間違いではありません。ですが、虫歯や歯周病というのは悪化してしまってから治そうとしても、元のような健康な状態に戻せるわけではありません。
つまり、せいぜいそれ以上悪くならないように食い止めることしかできないのです。しかも、状態がより悪化していればしているほど、その状態を健康に維持するのはだんだんと難しくなってきます。そのため、このようなことを繰り返していると、歯がどんどん悪くなってしまうということになります。
歯を長く健康な状態で保つためには、「歯を悪くしないようなケア」つまり予防治療を積極的に行っていく必要があるのです。

歯磨きだけでは虫歯や歯周病を予防できない?

歯磨きはちゃんとやっているのに虫歯や歯周病になってしまうのはなぜなのでしょうか?その理由として次のようなことが挙げられます。

歯の汚れは自分の力だけでは取りきれない
歯磨きがどんなに上手にできる人でも、完璧に歯の汚れを落とすのは不可能です。しっかり磨いたつもりでも、歯ブラシだけで磨いた場合、汚れの60%くらいしか落とせないことがわかっています。
もしデンタルフロス(糸ようじ)をそれに併用したとしても取り切れる汚れはせいぜい90%くらいと言われています。この取りきれない汚れが蓄積し、いずれ虫歯や歯周病を引き起こす原因となってしまうのです。
しかも治療をして詰めたりかぶせたりしたところは、その境目部分に細菌がたまりやすいため、注意が必要です。
歯石が溜まってしまう
歯石というのは歯垢(細菌が塊になったもの)が唾液のミネラル成分で固まって硬くなったものです。歯石はどんな人でも多かれ少なかれついてしまいます。歯石は自分では落とせませんので、その部分に細菌が蓄積し、虫歯や歯周病を引き起こす原因になります。

予防治療で行うこと

1.PMTC(歯のクリーニング)

PMTC

PMTCは徹底的に歯のお掃除をすることです。歯科医師もしくは歯科衛生士が専用の器具や機械を用いて、歯ブラシやデンタルフロスで届かないような細かいところも隅々まで、徹底的にお掃除します。
これにより、歯の表面の汚れが全て落とされ、表面がツルツルになり、歯垢がつきにくくなります。また、歯の着色も取れて歯の色が明るくなる効果も得られます。

2.フッ素塗布

フッ素を塗布

フッ素は歯を虫歯から守ります。定期的に歯科医院で高濃度のフッ素を塗ることにより、歯が強化され、虫歯に強い歯にしてくれます。

3.歯磨き指導

歯みがきの指導

歯科医院での積極的なクリーニングは大事ですが、一番大事なのは家庭でどのようにケアするか、にかかっています。歯磨き方法が間違っていれば、どんなに一生懸命時間をかけて歯磨きしたとしても、効果が出ないばかりか、歯を傷めてしまうこともあります。
当院では歯科衛生士が、患者様お一人一人のお口の状態に合った最適な歯磨きの仕方を丁寧にアドバイスし、効率よくご家庭での歯磨きができるようにしていきます。

4.シーラント

子供の歯をチェック

シーラントは、主に6歳臼歯の歯の溝に行う予防処置で、溝にコーティングをすることで、汚れが溜まって虫歯になるのを防ぐものです。生えたての永久歯は虫歯にかかるリスクが高いため、特に虫歯リスクの高いお子さんにはおすすめしています。

当院では、なるべく削らない治療、なるべく抜かない治療をモットーにしています。患者様になるべく痛い思い、辛い思いをしていただかないためにも、予防治療をおすすめしています。ぜひお気軽にご相談ください。

^


トップページ

お問い合わせ

電話をかける