インプラント症例

インプラント症例

抜歯即時インプラント1

抜歯即時症例
施術内容
折れてしまった歯を抜くのと同時にインプラントを埋入することにより治癒期間の短縮、手術回数を少なく低侵襲にて行っている。手術時間は抜歯、掻爬、インプラント埋入れまで30分程度。
治療期間
インプラントのプロビジョナルレストレーション(仮歯)が入るのに3か月、その後仮歯で3~6か月(出来れば仮歯で問題ないので6か月は様子を見たい)で歯肉の状態や、清掃性などを確認して最終補綴装置の印象(型採り)を行う。
主訴
ご主人の紹介で来たが、歯科医院が非常に苦手で今でも小児歯科に通院しているが歯が折れてしまい歯を抜かないといけない。抜くのも怖いし、隣の歯を削りたくはないので他に何か方法はないか知りたい。
料金
495,000円(税込)
リスク・副作用
  • 比較的痛みはこの処置において少ないが外科処置を行うので通常の抜歯程度の痛みは出ることがある。
  • どの様な症例においても、インプラントが骨と結合しないことがあるがその際には再手術が必要になる。

抜歯即時インプラント2

抜歯即時症例
施術内容
歯根破折しており抜歯後の欠損補綴の利欠点に関して説明したところ、インプラント治療を希望されたので、CTにて精密検査後抜歯と同時にインプラント埋入が可能と判断し手術を行った。抜歯を含め手術時間は30分程度であった。
治療期間
プロビジョナルレストレーション(インプラントに直接つける仮歯)が入るまでに約3か月。その後一定期間3か月~6か月経過観察をして最終補綴装置の型採りを行う。この3~6か月は患者さんが許容できるなら長いほうがベターです。
主訴
歯が折れてしまった。昔インプラントしたことがあるので可能であればインプラントを考えたい。
料金
495,000円(税込)
リスク・副作用
  • インプラントが骨と結合しないことがある。
  • ほとんどのこのようなケースで痛み腫れは出ないことが多いが多少の腫れ痛みがでることがある。

抜歯即時インプラント3

抜歯即時症例
施術内容
連結された3本の補綴装置の不具合を主訴に来院。パノラマX線、精密検査より11、12は保存が困難と診断し、その後の欠損補綴について説明。13は縁下カリエスが深いが残せれるようであれば温存する予定で、補綴装置を除去したところフェルールが全くな歯根に破折線も認められたため将来的に3本欠損に対して2本のインプラントを設置し、3本の補綴装置を作成することを計画した。
連続して抜歯すると免荷期間中の審美、機能が低下するため抜歯予定歯を支台として仮歯を作成。先に11を抜歯即時で埋入し、その間に13番の歯根を矯正装置で硬・軟組織を少しでも増生し、その後抜歯即時にて埋入と同時にCTGを行った。
治療期間
およそ最初の手術より11か月を予定
主訴
連結している歯牙がそろそろ危ない気がする。根本的に直して欲しい。
料金
1,320,000円(税込)
リスク・副作用
  • 連続した欠損になるため手術を分けて行うので期間が長くなる。 口蓋より結合組織を移植するので口蓋に傷ができる。
  • 多少の痛み腫れがでる。

インプラント周囲炎の発症・インプラント体破折したケース

症例
施術内容
適切でないインプラントの埋入位置よりインプラント周囲炎の発症及びインプラント体破折を起こしていた。
周囲炎を起こしている部位は骨内から浮いている状態なので直ぐに撤去できたが折れて骨内にに残っているインプラントは骨としっかり結合しているので最小限に骨を切削し除去を行った。周囲炎を起こしている部位の炎症性の肉芽を掻爬(可及的に除去すること)し、1度目の手術を終了した。
撤去後約2か月の期間を待ち歯肉の治癒を図った。2回目の手術では大きな骨欠損部において自家骨とBio-Ossを1対1の割合で混合し欠損部位に填入しその上からBio-Guideで多い補填した骨が動揺しないようにチタンのピンを骨に打ち込み固定した。
その後混合した骨が自身の骨と結合するのに6か月の待時期間後インプラント埋入を行い約3か月の免荷期間後プロビジョナルの型採り、装着を行い3か月ほどのプロビジョナルでの問題点の修正を行った後最終補綴装置の型採り装着を行った。
治療期間
最終補綴装置装着までおよそ15か月
主訴
インプラントしたところがぐらぐらして動いている。腫れて痛いので何とかして欲しい。
料金
1,540,000円(税込)
リスク・副作用
  • インプラント周囲炎がひどく、インプラント治療を望む場合は神経を損傷しないように骨増生が必要になってくる。骨増生も異種骨のみでは無理なので自家骨採取も必要になる。そのため治療期間が長くなるのと侵襲が大きな処置が必要になり頬部の腫脹、疼痛などが約1週間ほど出てくる。
  • 傷口が裂開(開く)すると十分な骨増生が達成できないため喫煙者やコントロール下にない糖尿病患者、口腔内の清掃状態が不良な患者には手術することができない。
  • 痛みを伴い長期間の治療となるため患者の理解と同意がより必要となる処置である。

ソケットリフト1(右上ブリッジ脱離したケース)

症例
施術内容
右上ブリッジ脱離にて来院。インレーブリッジであったため脱離や変形しやすいことを説明し、土台となる歯をブリッジが外れやすくならないように形を整えて再度ブリッジでするか他の方法でするか説明したところ、年齢的にも20代と若いためなるべく天然歯を触らないで噛みやすいインプラント治療を希望された。
CT撮影を行ったところ歯槽骨の高さが上顎洞まで3mmとインプラントを埋入するのに非常に少なかったため、保護者にサイナスリフト、ソケットリフトのいずれかが必要になる事を説明し施術を行った。手術時間は30分程度であった。
治療期間
最終補綴装置が入るまで4か月
主訴
かぶせものが取れた。
料金
495,000円(税込)
リスク・副作用
  • 上顎洞底までの距離が非常に短いため上顎洞にインプラントが迷入したり、上顎洞粘膜が破れることがある。ゆえにサイナスリフトのように側方から上顎洞にアプローチできる技術がないとトラブルが発生した場合に大変なことになる。
  • 他のリスクとしては腫れ、疼痛、鼻出血が考えられる。

ソケットリフト2

症例
施術内容
歯根破折を起こし右上臼歯7、8番を抜歯したので、臼歯の支持を獲得するためにインプラント治療を計画した。CTにて既存骨が7mmと少な目だったので上顎洞底挙上術(ソケットリフト)を行うこととした。手術時間は20分程度であった。
治療期間
ソケットリフトと同時にインプラント埋入を行い、3か月の免荷期間を経て、プロビジョナルを装着し問題ないのを確認して最終補綴装置へと移行した。
主訴
右の奥歯のさし歯が動いていたくて噛めない。
料金
440,000円(税込)
リスク・副作用
  • 今回のケースは既存骨が高さ7mm幅12mmと比較的多かったので無切開で施術しているため考えられるリスクとしては、若干の腫れ、痛みと場合によっては鼻血だと考えられる。

CTG (結合組織移植)

症例
施術内容
インプラントの結合をISQを用いて確認後、プロビジョナルの印象を行った。その後プロビを装着し、機能的な問題がないのを確認したのち、軟組織の不足を増生するためにSCTGを行った。
治療期間
全行程は9~12か月を予定しているが、あくまでも期間の問題で患者が食事などが多少しにくいのはプロビ装着までのおよそ3か月です。
主訴
ぶつけて前歯が折れたので保険が効かなくてもいいので、可能な限り元のように出来るだけ歯を削らずに綺麗にしてほしい。
料金
SCTG費用 77,000円(税込)
リスク・副作用
  • ドナーサイト2か所、レシピエントサイト1か所の計3か所になる。
  • 0.5mm上皮を残しているので痛みはさほどないが口蓋部を縫合しているため違和感がある。
専門医によるインプラント